お知らせNEWS

 【お知らせ】

 年末年始のお休みについて

12/28(土)午後~1/3(金)まで休診となります

ご迷惑をおかけしたしますがよろしくお願いいたします

 

 

 

 

1 Jan

← 前 今月 次 →
29
30
31
1 2 3 4
5
6
7
8
9
10 11
12
13
14
15
16
17 18
19
20
21
22
23
24 25
26
27
28
29
30
31 1
← 前 今月 次 →
週表示 月表示
2020 年 1 月
2017年01月25日

ねこちゃん・病気のわんちゃんのお預かりも行っております

 

健康体なわんちゃんは、お隣のトリミングサロン“LuLu dog 福島店”でもお預かりさせていただいておりますが、持病を持っているなど体調に変化の起こりやすいご心配な子につきましては当院でお受けさせていただいております。

急変があった場合でも、その都度対応させていただきます(別途処置費用がかかります)。

 

またねこちゃんに関しましても、なるべくストレスのかからないようにわんちゃんとお部屋を完全に分けさせていただいております。

お家に居るような安心できる空間で過ごしてもらえるように、できる限りのことはさせていただきますのでご相談くださいませ。

 

お電話でも構いませんので、事前予約をお願いいたします(06-6346-2668) 

 

 

【料金】※別途初診料(\1500)もしくは診察料(\1000)がかかります。

・ねこちゃん     ¥3000/一泊

・小型犬(~7kg)   ¥3000/一泊

・中型犬(7~20kg)  \3500/一泊

・大型犬(20kg~)  ¥4000/一泊

 

※上記価格はすべて税抜となっておりますのでご注意ください。

 投薬などの処置がある場合のお預かりには、別途処置代として+\1000かかります。

 大型犬舎は数に限りがございます。ご希望に添えないこともございますので、予めご了承ください。

 

 

 

 ウィンちゃんホテル①

 

【お預かり・お迎えの時間】

基本は診察時間内(平日9:30~20:00/日祝9:30~13:00)でのお預かり・お迎えをお願いしております。

どうしてもご都合がつかない場合は、一度ご相談ください。

 

【持ち物】

 ●いつも食べているごはん

 当院の病院食でも対応はさせていただいておりますが、急にごはんが変わったり生活環境が変わることにより、おなかが緩くなったり、中には食べてくれない子もいます。

 できましたら、いつもお家であげているごはんをご持参ください。

 (一食分ずつ小分けしていただけると助かります。)

 

●いつも使用しているもの

 普段お使いの食器や大好きな玩具・毛布や敷物類など(破損や紛失する恐れがあります。ご了承ください。)

 また、ねこちゃんに限り、お家でご使用されている匂いの付いたねこ砂を、少量で結構ですのでご持参頂けると助かります。

 ねこちゃんはわんちゃんに比べてとても怖がりさんなので、いつもと様子が違うとおしっこを我慢してしまう子もいます。

 少しでもストレスを減らしてあげられるようご協力お願いいたします。

 

●お薬

 普段お飲みになっているお薬等がございましたら、ご予約時にその旨お知らせいただき、当日ご持参ください。

 

●首輪、リード、ハーネス

 必要に応じてお散歩をさせていただきますので、普段使われている首輪、リード、ハーネスなどをご持参ください。

 (二重リードによる安全対策も行っております)

 

 

【注意点】

●病気の治療中のわんちゃん・ねこちゃん

 一年以内の混合ワクチンの接種および狂犬病の予防接種をされていなくてもお預かりさせていただいております。

 一か月以内のノミダニ予防は、体調に応じてお願いすることもございます(別途費用がかかります)。

 わんちゃんの体調によっては、院外へのお散歩に行けないこともございます。予めご了承ください。

 

健康なねこちゃん

 一年以内の混合ワクチンの接種および一か月以内のノミダニ予防をお願いしております。

 お預け当日、もしくは事前に証明書や打った記載がある診療明細書をご持参ください。

 

●初めて当院にご来院で、ホテルのみをご希望の方

 大切なわんちゃん・ねこちゃんをお預かりするにあたり、急な容態の変化や災害等に備えて、ご住所・お名前の確認できる証明書(運転免許証・保険証など)を確認させていただく場合があります。

 ご協力お願いいたします。

 

 

 

お預かりの間は獣医師・動物看護士のもとで、わが子のように大切にお世話させていただいております。

ご不明な点、ご質問等ございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

2020年01月16日

 

 

こんにちは

動物看護師の尾藤です hiyoko.gifhana07.gif

 

 

遅くなりましたが新年のご挨拶を...

みなさま、明けましておめでとうございます!

今年も精一杯努めさせて頂くのでよろしくお願いいたします futaba.gif

 

 

ついに2020年ですね!

年末年始は病院がお休みを頂いていたので

無事、実家で過ごすことができました kira01.gif

 

 帰省してすぐべるちゃんに挨拶したのですが

「あ、帰ってきたんや」くらいの軽い反応しかくれず...

毎度のことながら悲しくなりました icon_sad.gif

(ちなみに1番喜んでくれたのは妹で、飛び跳ねながらにこにこ寄ってきました)

 

 

そしてそして、なんとべるちゃん太ってました inu.gifashiato.gif

避妊手術をすると太りやすくなるので注意してねとあれだけ言ったのに...!

 

肋骨が触れず、明らかに感触がフワフワしていたので

ダイエットを言い渡しておきました te03.gif

 

そんな太っちゃったべるちゃんがこちら

 IMG_2039

 

太ったやろ?と聞くと、えへへ icon_wink.gif と言わんばかりの表情。

 

 

太ってしまうと腰が悪くなってしまったり、

関節症になってしまったりといいことが1つもないので

みなさまも避妊去勢後の体重管理、お気を付けくださいね!!

 

2020年01月09日

こんにちはhana-ani01.gif

 

院長の前田ですa-wink02.gif

 

まずは、新年のご挨拶から

明けましておめでとうございます!

旧年中は皆さま大変お世話になりました

本年もどうぞ宜しくお願いいたしますa-gomen01.gif

 

年末年始はいかがおすごしでしたでしょうか?

病院の方は1週間弱ほどお休みをいただいて、実家に帰ったり

金沢に旅行に行ったりとみんな様々リフレッシュしましたf01.gif

 

さてお正月明け初めての更新は、コラムにさせていただこうと思います!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

新しい家族をお迎えする前に(ワンちゃん編)

 

 
 

 

意外と手こずるお食事!

ワンちゃんにはずっとちっちゃいままいてほしいという気持ちを反映して?なのか、
小型犬種の中でも小さい子が好まれる傾向があるようです。
ただし、、、ちっちゃい子たちの中には食事にあんまり興味が
ない子がわりと多いので要注意。
特に、ひとりっ子状態になり誰かに取られたりといった競争が
なくなると途端に食べなくなる(食べムラがでる)子も多いです。
食べないからといって、うっかり美味しいものばかり与え続けると
おやつが主食になり、ドッグフードを絶対食べませんといった具合になることが多いです。
ワンちゃんはとても賢い動物なので、食べなければおやつが
出てくると学習すると絶対に食べません。人間の顔色をよくよく見ているので
しつけだと思って根気強く戦ってくださいね。

 

 

トリミング、爪切り、肛門腺、日常ケアが意外と大事!

ワンちゃんの中には、定期的にトリミングしないと毛が
伸びていってしまって大変なことになる犬種もいます。
ぜひお迎えになられる前に、どういったお手入れが
必要になるのかを確認してくださいね。
ちなみに、爪が黒い子はどこまで血管が伸びているかわからないので
お家で切れませんと言われることが多いので、
トリミングが必要ない犬種でも要注意ですよ。

 

 

ちっちゃい子は身体が未熟!

さて、実際お迎えするという段階になってやはり環境の変化と
いうものはちっちゃい子には負担になります。
お家にきたらコンコン咳がはじまった、お腹が緩くなった
などなど何か症状がでやすくなるものです。
咳は、ケンネルコフ、いわゆる犬カゼ呼ばれる病気のことが多いですが
なかなかしつこくて治りきるのに1ヶ月かかってしまうこともザラです。
お腹に関しては、実は寄生虫を持っていたということも
結構よくあることなので必ず獣医さんに相談してくださいね。
下痢や嘔吐は子どもにとっては致命的(とくに体の小さい子にとっては!)に
なることがあるので、油断せずにすぐに病院へと覚えておいてください。

 

 

予防はしっかり始めよう!

ワンちゃんの場合、混合ワクチン(病気の予防)、
狂犬病ワクチン(日本にはありませんが流入防止の)ため
法律で決まっている病気の予防、フィラリア予防(蚊が媒介する寄生虫の予防)、
ノミダニ予防の4つをしてもらうことになります。
子犬さんの時は、母子免疫といってお母さんから免疫が
段々なくなってくる時期です。大人に比べて抵抗力が弱いので免疫が
なくなってくるのに合わせて、初年度は2ヶ月目、3ヶ月目、4ヶ月目に
混合ワクチンをうつことが多いです。
大体、初年度は予防をしてくださる方が多いのですが、
実は大人になると間遠くなってしまうことも多いです。
特別な病気があって獣医さんに猶予しましょうと言われない限り
予防は毎年しっかりしてあげてください。これは、本人を周りから
守ることだけでなく、周りへの配慮としても必要なことです。
そのために、お家にお迎えする前に前もって毎年かかってくる費用や
予防にかかる手間も含めて計算に入れておいてくださいね。

 


 

 

最後に

さて、今回はワンちゃん編を書かせていただきました。
実は、まだまだ書きたいことがあったんですが、長くなるので4つだけにしました。
もしかしたら、来月のネコちゃん編に続いてプラスアルファ編と
して書いてしまうかもしれません。お付き合いいただけたらと思います。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年は、2020年で令和2年と2ずくしの年ですねhiyoko.gif

オリンピックもやってきますし、不幸なことのない幸せな一年になりますように!!